• ホーム
  • 医療と企業による糖質について

医療と企業による糖質について

糖質とはとても甘いもので、たとえばケーキやクッキー、マドレーヌやチョコレートなどのようなおやつに出てくる甘くておいしい食べ物をイメージするものです。
糖質とはそのようなものだけでなく、でんぷんなども含まれています。
医療的に見て糖質は3大栄養素の1つであり、人の体には必要なものですが、もちろん取りすぎてしまうと体にとってはよくないことが起こります。

たとえば、上記にあげたクッキーやケーキ、チョコレートなどはとてもおいしいものであり、お子さんだけでなく大人も大好きな食べ物です。
特に疲れた時などには、このような甘いものが食べたいと思う人は多いものです。
企業では、このような糖質に対して、制限をもうけているところがあります。
それは企業として医療の分野を守るためや社員の方々に健康でいてもらうために、糖質の制限などを行い健康を維持してもらう目的が企業の側にあるからです。
そのため医療としてメタボリックシンドロームを防ぐために、企業側が努力をしているケースもあります。

おやつは多くの一般企業などでも出されるものですが、医療として健康を社員に保ってもらいたいと考えている会社さんの場合には、糖質などの制限をするとともに社員食堂でもカロリー表示が行われています。
メタボリックシンドロームとならないように、工夫をしておられます。
また、メタボリックシンドロームにならないようにしたり、メタボリックシンドロームを改善できた場合には、報酬を企業として提供するなどしている会社もあります。